メインコンテンツに移動

パンくず

EQ (EQUALIZATION) について

EQ(EQUALIZATION)申請について

EQ (EQUALIZATION) RULE 要領

1. 対象貨物

内地 Base Ports(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸)で全航路を対象として本船から陸揚げされたコンテナ貨物で CY 渡し条件の貨物(ドライコンテナ及びリーファコンテナ)に限ります。

フラットラック及びオープントップコンテナの OOG 貨物、CFS 渡し貨物、また Break Bulk 貨物 につきましては、本ルールの適用対象外となります。

 

2.定義

日本において船社がB/Lに記載された荷渡し港(Place of Delivery)以外のベースポートで貨物を陸揚げした際、荷受人乃至その代理人が陸揚げ港(Port of Discharge)からデバン場所までの直接運送を要求した場合、 船社は以下に記された条件に従ってその運送を認め、更に陸揚げ港とデバン場所間の輸送費用から、B/Lに記載された荷渡し港とデバン場所間の輸送費用を差し引いた差額を負担することができます。

但し、その場合、 船社の当該貨物輸送に関わる責任はすべて陸揚げ港にて完了します。

上に述べた船社の輸送費差額の払い戻しをEQUALIZATIONと言います。

 

3. 条件

(1) Out Ports 間、同一港内のコンテナターミナル間、或いは外航船で荷渡し港(Place of Delivery)まで輸送手配をする場合のEQUALIZATIONは行いません。

(2) 空コンテナの返却地は、Base Ports(陸揚げ港)を原則とします。空コンテナが陸揚げのCY、若しく はバンプールに返却される場合の船社負担額の計算は、陸揚げ港からデバン場所経由、B/L 記載 の荷渡し港までの片道料金(基準運賃)から荷渡し港とデバン場所間の往復料金(基準運賃)を 差し引いた差額とすることを原則とします。

但し、関東・関西地区で別途タリフを定めた区間の輸送に関しては、当該タリフ額を払い戻し料金として適用します。

(3) 荷受人乃至その代理人が船社負担額を請求する場合は、①「EQUALIZATION適用申請書/請求書」及び②「荷主取得のOLT乃至貨物納入(搬入)先受領書の写し」を船社宛提出願います。

(4) 船社へのEQUALIZATION請求は、当該貨物が実際に陸揚げされてから90日以内に行うものとします。

EQ (EQUALIZATION) RULE の特徴

1.     B/L 面上、荷渡し港以外の港で陸揚げされた場合でも、貨物の引渡しは B/L に記載された荷渡し港 CY で行うことが原則 となりますが、EQ ルールを適用する場合は、荷主各位のご希望により、B/L 面上の荷渡し港ではなく、本船の陸揚げ港で貨物を受け取ることができます。

その際、本来 B/L 面上の荷渡し港で貨物引渡しを受けた場合に発生する輸送費用相当分 を差し引いた輸送費用を船社から払い戻しを受けることができるものです。

2.     本ルールの適用は、荷主各位と船社との間で、当該ルールに基づいて荷渡しを行うという合意(空コンテナの返却地に関する合意も含めて)が整った場合にのみ適用されます。

従って、合意が整わない場合には、コンテナ貨物の荷渡しは、原則の通りB/L 面上の荷渡し港のCYで行われます。

3.     本ルールを適用した場合、荷主各位のデバン場所迄の輸送は荷主各位の手配/危険負担/費用負担により行われ、費用につきましては、事後に船社から相当分の払い戻しを受けられますが、船社の運送責任は陸揚げ港CY での荷渡し時に完了致します。

4.     本ルールを適用した場合の船社 Demurrage Free Time の起算は本船入港翌営業日からとなりますのでご注意下さい。

EQ (EQUALIZATION) ご利用手続き・申込書

  1. EQUALIZATION 申込書 (メール添付にてお申し込みください)

添付の「EQUALIZATION申込書」に所定の事項をご記入の上、原則として本船陸揚げ港入港2日前の午前中(土・日・祝・当社休日除く)までに担当窓口へご提出ください。

(お申込みの際、Eメールのタイトルは【EQ申請 本船名 / 揚げ地】をご記載いただけますようお願いいたします。)

なお、空コンテナの返却先は、B/L記載の陸揚港に限ります。

<担当窓口>

〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル 

オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社

コンテナオペレーション部 輸入課

TEL: 03-5843-4024

MAIL: [email protected]

 

     2. EQUALIZATION 請求書 (PDFファイル形式でメールに添付してください)

荷主各位ご自身の手で空コンテナの返却までを終了しましたら「EQUALIZATION 請求書」「船社払い戻し料金 請求書」をご提出ください。

更に、この請求書には当該貨物輸送に関する以下の書類も添付してください。

      (a) 外貨輸送の場合…OLTのコピー1部

      (b) 内国貨物輸送の場合…納入先受領書のコピー1部

 

なお、請求書のご提出期限は本船から貨物陸揚げ後90日以内ですのでご注意ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と弊社職員の安全確保の観点から、弊社では在宅勤務へ切り替える事を決定致しました。お客様より頂戴している請求書につきましては、在宅勤務実施中も最大限対応出来る体制を整えて参りますが、通常時よりも対応に時間を要する可能性がございます。つきましては請求処理を円滑に行う為、請求書をPDFファイル形式にて上記メールアドレスまで送付頂きますよう、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

     3.  空コンテナ返却地の変更申請(Avantida Platformをご利用ください)

空コンテナの返却地は陸揚げ港を原則といたします。空コンテナの返却を陸揚げ港以外の場所へご希望される場合は、弊社ホームページ「空コンテナ返却時のご注意」⇒「 空コンテナ返却先変更ご希望の場合」をご確認のうえ、Avantida Platform経由にて変更の申請をお願い申し上げます。

    空コンテナ返却先変更ご希望の場合はこちらからご確認ください。

 

 

EQ負担金タリフ

EQ適用時の船社負担金タリフについては添付ファイルをご参照ください。